ユタの判じ(占い) | 奄美大島のユタ 葉月まこ

奄美大島で人生を導いてくれると評判のユタ神様 葉月まこ

道あけ(人々の救済)している現役ユタの判じ(占い)

ユタとは、神々や精霊と交信し、人々の悩みに応え、時には未来を予見し、皆を難儀から救う者。厳しい修行を経て道あけ(人々の救済)ができるユタは奄美大島でも数えるほどしかいません。

ユタの判じ(占い、易をとる)を受けるのに特別な準備等はありません。

相談者は自然体でただ座っているだけで、あとはユタが次々と言葉を伝えてくれます。

ユタの判じ(占い)

左の写真は私の祭壇です。国津元元津ハヅキという神様を祭っています。

判じ(占い、易をとる)を行う際には、心身を清め、この祭壇の前に座り、祈りとともに執り行います。

相談者にもよりますが、すぐに言葉がおりてくるときもあれば、ご先祖様の言葉がおりてくることもあります。近い将来に起るだろう映像が見えることも少なくありません。

私はユタの判じを、次のように考えています。

神仏に対しての信仰とは、形はない

目にも見えない。手にも触ることはできない

空気と同じ、でも空気は風として感じることができる

信仰もまた、感じることから始まる

どんなに離れていても、ユタの判じをお伝えできます

これまでユタの判じを受けるにはユタのお家へ伺うしか方法はありませんでしたが、今ではインターネットやスマートフォンの普及により、奄美大島から遠く離れた場所にお住いの方でも、ユタの判じを受けることができます。

判じを受けるのに必要なのは、みてもらう相談者のお名前と生年月日(干支)だけ。

あとはお電話またはメールで判じをお伝えします。

判じ(占い、易をとる)をご希望の方は下記をお読みの上、お申込みください。

合掌。

ユタ 葉月まこ

次のような方が、判じ(占い、易をとる)を利用されています。

葉月まこ ユタの判じ(占い、易をとる)をご希望の方へ(判じの流れ)

ユタの判じの流れ
お申し込みの流れ
相談者お問い合わせフォームから申し込み
※お申し込みの際は、判じをご希望の方のお名前と生年月日を必ずお知らせください。
葉月まこ事務局内容確認後、判じの代金と振込先をメール連絡します。
相談者届いたメールの指示に従って、代金をお振込ください。
葉月まこ事務局入金確認後、お電話での判じの場合は日時をメール連絡します。
メールでの判じの場合は葉月まこに取り次ぎますのでお待ちください。
葉月まこお電話またはメールで判じをお伝えします。
料金の目安(※正しい料金はお申し込みの際に事務局からお知らせします)
判じ(占い、易をとる)判じをする方お一人につき5,000円
※お電話なら20分程度となります。

※相談者様の状況によりお祓いを行ったほうが良いこともあります。その際には、ご連絡いたします。お祓いを行うには、相談者様のご協力が不可欠で、ご家族の協力が必要になることもあります。お祓いはスムーズに行えることもあれば、かなり労力を要することもあります(お祓いの料金は別途)。
ユタの判じが初めての方は、不安を感じることも少なくありません。
分からないことがあれば、ご遠慮なく、事務局へお尋ねください。

お申込み・お問い合わせはコチラ

ユタ―遥かなる 神々の島―

葉月まこ 著書紹介

ユタ 遥かなる神々の島
琉球弧シャーマンの世界
南方新社
ご興味があればぜひお読みください。

ユタの判じ(占い) | 奄美大島のユタ 葉月まこ公式サイト

ユタの判じ(占い)

葉月まこが奄美大島のユタの判じ(占い)を行います

メディア掲載・体験談

メディア掲載・体験談

過去に取り上げられたメディアやユタの判じ(占い)の体験談を掲載しています。

ページのトップへ戻る