奄美大島のユタ 葉月まこ

奄美大島で人生を導いてくれると評判のユタ神様 葉月まこ

ユタの考察

ユタとして気づいたこと等を掘り下げて記載します。このページは将来、書籍化する際の覚え書きとして利用します。

この世でもっとも大切なこと(2018年5月22日)

ご覧いただきましてありがとうございます。

奄美大島のユタ 葉月まこ 公式サイトを開設して早いもので一年が過ぎました。

新しい道を選ぶのに、すこしだけ勇気が欲しかった方。

愛する方との別れに気持ちの整理がつかない方。

不可思議な現象に悩んでいた方。

じつに多くの方々とご縁をいただき、私自身、いろいろなことを学ばせていただきました。本当にありがとうございました。

縁あって、ユタに相談されるというのは、ご自身の生き方をじっくりと見つめなおす機会が来たということでしょう。

私たちは生きるなかで、喜びと悲しみを、楽しさと苦しさを経験します。

そして、死を迎えれば、すべて終わりでしょうか。

この世は私たちだけではありません。

夫婦、親子、祖父母、孫。
死してもなお、愛する者を思う気持ちがあり、生まれてくる生命があり、感謝の涙があります。「祖先の先に神あり」なのです。

この一年、私(葉月まこ)が繰り返し、お伝えしてきたこと。

神様はいるということ。

目に見えることもなく、手で触れることもできませんが、そこにおられるのです。
感じることができ、すべて見ておられます。

神様が見ておられます。

人それぞれの使命を、生き方を、見ておられます。

特別な修行とか、そういうことではないのです。

「なぜ、わたしだけが」
そんな思いにとらわれる日もあるでしょう。

それでも、困難や試練、葛藤を乗り越えていくなかで、あなた自身の魂の成長があり、この生きていく姿勢こそが、この世でもっとも大切なことだと思えてならないのです。

NHK大河ドラマ「西郷どん」では「島編」が始まりました。

西郷隆盛と愛加那。

私のご先祖も、このお二人と多少の思い出があるようです。

「せごどん」が、奄美大島で得たもの。

きっと、それが、この世でもっとも大切なものだと思えてなりません。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

ユタ―遥かなる 神々の島―

葉月まこ 著書紹介

ユタ 遥かなる神々の島
琉球弧シャーマンの世界
南方新社
ご興味があればぜひお読みください。

ユタの判じ(占い) | 奄美大島のユタ 葉月まこ公式サイト

ユタの判じ(占い)

葉月まこが奄美大島のユタの判じ(占い)を行います

メディア掲載・体験談

メディア掲載・体験談

過去に取り上げられたメディアやユタの判じ(占い)の体験談を掲載しています。

ページのトップへ戻る